赤ちゃん浴衣(90センチサイズ)をリップル生地で作りました

赤ちゃん浴衣 型紙の写し方、印のつけ方、アイロンのかけ方

赤ちゃん浴衣のつくり方、こちらの動画では、型紙の写し方、印のつけ方、アイロンのかけ方を解説しています。

 

 

動画の中でも説明しましたが、リップル生地は、できるだけ、生地のポコポコをつぶさないように
アイロンをかけます。
そのために、アイロン台にバスタオルを1枚ひくと、ポコポコがつぶれにくいです。

 

また、使用するアイロンは、小さいほうが使いやすいです。
私は、パッチワーク用の小さいアイロンを愛用しています。

 

それから、遅く消えるチャコペンシルがとっても便利です。

 


赤ちゃん浴衣 前端、肩上げ、おくみつけのつまみ、背縫い(袋縫い)の解説

 

 

赤ちゃん浴衣の、前端、肩上げ、おくみにミシンをかけます。
肩上げは、今回は、ミシンをかけましたが、二目落としでもいいですよ。
二眼落としの縫い方は以下のページに載っています。

 

赤ちゃん甚平のつくり方 上着をミシンで縫いますへ

 

背中心は、袋縫いにします。
ロックミシンを持っている方は、縫い代を1センチにして、2枚一緒に
片側に倒してもいいですよ。

赤ちゃん浴衣に襟をつけていきます(襟付けは、きせをかけてくけていきます)

 

 

今回は、襟の幅の4倍の布を使います。
この付け方だと、襟布に芯を貼る必要がありません。

 

また、ほどいた時に、ある程度の面積の布だと、小物などを
作ることができますよ。

 

動画の中で、説明しましたが、襟付けには、2ミリのキセをかけます。
「キセをかける」ことで、直接縫い目が見えないので、見た目がきれいで
縫い目に直接気からが加わらないので、ほつれにくいという利点があります。

 

ちょっと自信がないという方は、キセをかけずに、1センチの縫い代で
縫っていってもいいですよ。

 

「くける」というのも、まつり目が、直接見えないので、きれいだし丈夫です。

 

こちらも、自信がない方は、普通にまつっていってもいいですよ

赤ちゃん浴衣の脇縫いと裾の始末をします

いよいよ、赤ちゃん浴衣の脇縫いと裾の始末をします。

 

 

脇の縫い代は、割らないで、前見頃側にたおします。
そうすることで、縫い目が目立ちにくくなります。

 

裾の始末で、ガクブチの作り方を開設しました。
ちょっとしたことですが、これで、裾の角がスッキリと仕上がります。

赤ちゃん浴衣の袖を縫います

今度は、赤ちゃん浴衣の袖を縫います。

 

 

この動画で、作ったそでは、女の子のちょっと長めの袖のつくり方になっています。
袖が長めだと、ちょっと華やかな感じに見えます。

 

袖を縫う時のコツは、常に対にしておくことです。
対にしておけば、左右どちらの袖を塗っているかが
わかりやすいので、間違えて同じ側の袖を縫ってしまった
といううっかりミスを防げますよ。

赤ちゃん浴衣の袖をつけます

赤ちゃん浴衣の袖をつけます

 

 

袖をつけたあとで、身八つ口と袖の縫い代を一筆書きのように
ぐるっと抑えミシンをかけていきます。
これで、もう一歩で完成ですね。

赤ちゃん浴衣の腰上げとかんぬき止めのやり方 これで完成!

赤ちゃん浴衣の腰上げとかんぬき止めの解説をします。

 

腰上げの折山の位置は、サイズによって違います

 

身長(センチ) 90 100 110 120 130
裾から(センチ) 48.5 55 61.5 69 76.5

 

腰上げの分量は、子供さんに合わせてくださいね!

 

かんぬき止めは、和裁のやりかたです。
力がかかり、ほつれやすいところの強度を増すためのものです。

 

 

これで、浴衣が完成です。

 

みなさん、お疲れ様でした。